キャスト画像サイズの変更方法

キャスト画像のサイズ変更

キャストの画像は、自動で所定のサイズにリサイズされますが、サイズを変更するには、下記のように修正します。(表示上のサイズは変更ありませんが、2倍以上のサイズでリサイズすることで、画質の向上に繋がります。)

子テーマ内の、functions.php 16~19行目あたりを下記のように変更

function cp5b2000_child_theme_setup() {
load_child_theme_textdomain( 'cp5b2000-child-002', get_stylesheet_directory() . '/languages' );
}

function cp5b2000_child_theme_setup() {
load_child_theme_textdomain( 'cp5b2000-child-002', get_stylesheet_directory() . '/languages' );
add_image_size( 'cast-s', 300, 450, true ); // 在籍一覧サムネイル
add_image_size( 'cast-l', 480, 720, true ); // プロフィールページ
add_image_size( 'cast-thumb', 180, 270, true ); // キャストウィジェット用サムネイル
}

※cp5b2000 の部分は、テーマの種類によって異なります。

 

add_image_size( ‘cast-s’, 300, 450, true ); → add_image_size( ‘cast-s’, 画像の横幅(ピクセル数で指定), 画像の縦幅(ピクセル数で指定), 画像の切り抜きを行う );

300,450の部分を、変更したい横幅・縦幅に編集します。

最後のtrueの部分は、true(初期設定)と記述すると、横幅・縦幅のサイズで画像の切り抜きを行い、falseと記述すると、横幅・縦幅のサイズでリサイズのみ行います。

なお、この変更を行っただけでは、過去にアップロードした画像についてはリサイズが適用されませんので、過去のアップロード画像を、新しく設定したサイズでリサイズし直すには、「Regenerate Thumbnails」というプラグインをインストールすることで、すべての画像のサイズを一括で再生成することができます。

 

WordPressでアップロードした画質の修正

WordPressでは、標準の仕様でアップロードした画像の画質が90%に劣化してしまいますが、この画質を変更するには、下記のコードを追加します。以下の例では、アップロードした画像の画質が100%となります。

functions.php に、下記のコードを追加

//WPによる自動画像圧縮を無効
add_filter( 'wp_editor_set_quality', function($arg) {
	return 100;
} );

なお、このコードを記述しただけでは、過去にアップロード済の画像の画質は変わりませんので、再度、画像をアップロードし直す必要があります。